スッポンの飼育・飼い方・育て方/カメの飼育方法

亀の飼い方・育て方/亀の飼育・飼育方法

亀(カメ、かめ)

亀(カメ)の飼い方トップページ

スッポンを飼育(しいく)するときの餌(エサ)は、しはんしている亀(カメ)の餌(エサ)やミミズ、貝(かい)、トリのササミなどをよくたべます。また、大好物(だいこうぶつ)の餌(エサ)は、シジミやタニシです。
スッポンを飼育(しいく)するときの水槽(すいそう)のなかに砂(すな)を5cmくらいのあつさにしいてあげると、そこにもぐってせいかつします。
水槽(すいそう)のなかのみずがよごれると体調(たいちょう)をくずしますので、できれば毎日(まいにち)水換え(みずかえ)をしましょう。
水槽(すいそう)の大きさ(おおきさ)は、90cmがよいようです。
スッポンは、みずのなかの酸素(さんそ)をとりいれることができるため、イシガメやミシシッピーアカミミガメより、みずのなかでながい時間(じかん)せいかつできるようになっています。
スッポンの甲羅(こうら)のながさは、やく30〜35cmくらいで、いちばんながいもので38cmくらいです。甲羅(こうら)は、他の亀(カメ)とちがい、やわらかいのが特徴(とくちょう)の亀(カメ)です。
スッポンは、臆病(おくびょう)な性質(せいしつ)で、ちかくによったものに襲(おそ)われないかと、かみつこうとします。
かみつくとかんたんには離(はな)さないせいしつで有名(ゆうめい)な亀(カメ)です。

亀(カメ)のつかまえ方

カメの映像

亀(カメ)の選び方

飼育用具/水槽

亀と紫外線(日光浴)の関係
サルモネラ菌
亀の種類

オスとメスの見分け方

餌(えさ、エサ)

産卵

ミドリガメのとくちょう
ゼニガメ(クサガメ)のとくちょう

育て方の注意

カメ用のライト

飼育用具/シェルター・水温計

ろかそうち

エアレーション

飼育用具のセッティング

ミドリガメとゼニガメは一緒に飼育できる?
ニホンイシガメのとくちょう
日光よくをする亀(カメ)


冬眠のさせかた

カメの繁殖(はんしょく)
カメの病気(びょうき)
亀(カメ、かめ)の飼い方 育て方 飼育方法 飼育法