ゼニガメのとくちょう

亀の飼い方・育て方/亀の飼育・飼育方法
ゼニガメ(クサガメ・イシガメ)も、ミドリガメとどうよう、お祭りの露天やペットショップ、ホームセンターなどで良く売られているカメで、甲羅(こうら)の色がこげ茶色のカメをいいます。
以前は、「ゼニガメ」というと、「イシガメ」の子供を指していましたが、いまでは、「クサガメ」の子供がペットショップやホームセンターなどで売られています。クサガメは、成長するとともに名前が変わり、子供のうちはゼニガメ、少し大きくなるとキンセンガメ、大人になるとクサガメになります。日本に古くからいるカメで、首にきいろ(きみどりいろ)のせんが入っているのがとくちょうです。
こうらの長さは、メスがやく25cm、オスがやく17cmになり、じゅみょうは、30〜60年。たいへん丈夫で、初心者向きといわれています。エサは、カメや金魚のはいごうしりょうだけでなく、かんそうエビ、アカムシ、こざかな、やさい、くだもの、水草など、よく食べます
外で日光浴をさせる時などに、逃げ出さないよう気をつけましょう。ゼニガメは、水のある場所も、りくちもこのむせいしつがありますので、すいそうのなかに水を入れ、そこにりくちを作ってあげましょう。
ゼニガメは、人になれやすく、すいそうで飼育している場合、人のいるほうこうにバタバタとやってくるかわいいカメです。

亀(カメ、かめ)

亀(カメ)のつかまえ方

亀(カメ)の飼い方トップページ

カメの映像

亀(カメ)の選び方

飼育用具/水槽

亀と紫外線(日光浴)の関係
サルモネラ菌
亀の種類

オスとメスの見分け方

餌(えさ、エサ)

産卵

ミドリガメのとくちょう
ゼニガメ(クサガメ)のとくちょう

育て方の注意

カメ用のライト

飼育用具/シェルター・水温計

ろかそうち

エアレーション

飼育用具のセッティング

ミドリガメとゼニガメは一緒に飼育できる?
ニホンイシガメのとくちょう
日光よくをする亀(カメ)


冬眠のさせかた

カメの繁殖(はんしょく)
カメの病気(びょうき)
亀(カメ、かめ)の飼い方 育て方 飼育方法 飼育法