カメの育て方(そだてかた)の注意

カメは、水槽(すいそう)の外で遊ぶのは好きですが、人にさわられすぎると、ストレスがたまり、疲れて、元気がなくなりますので気をつけましょう。
また、カメは、水槽のなかの水がよごれやすいため、2〜3日に一回、夏場は、毎日みずかえをしてあげます。よごれた水は、細菌(さいきん)が発生しやすくなりますので注意しましょう。
カメには、サルモネラきんがいたりしますので、カメをさわったあとは、かならずセッケンで手をあらうようにしましょう。
11月くらいになり、寒くなると、カメのうごきがわるくなり、エサをあまり食べなくなりますが、心配しなくて大丈夫です。水槽のなかにヒーターを入れたり、あたたかい部屋にすいそうを置いてあげましょう。
カメがこどもの頃は、たいりょくぶそくなので、冬眠はさせないほうが良いといわれています。もし、冬眠させるときは、水をいつもより多くいれ、ヒーターはいれません。水温は15度以下に保ちます。
また、1ヶ月に一回くらいは、カメのこうらをさわってみましょう。こうらがやわらかいときは、日光不足なので、水槽を日当たりの良いばしょに出してあげましょう。

亀(カメ)のつかまえ方

カメの映像

亀(カメ)の選び方

飼育用具/水槽

亀と紫外線(日光浴)の関係
サルモネラ菌
亀の種類

オスとメスの見分け方

餌(えさ、エサ)

産卵

ミドリガメのとくちょう
ゼニガメ(クサガメ)のとくちょう

育て方の注意

カメ用のライト

飼育用具/シェルター・水温計

ろかそうち

エアレーション

飼育用具のセッティング

ミドリガメとゼニガメは一緒に飼育できる?
ニホンイシガメのとくちょう
日光よくをする亀(カメ)


冬眠のさせかた

カメの繁殖(はんしょく)
カメの病気(びょうき)
亀の飼い方・育て方/亀の飼育・飼育方法

亀(カメ、かめ)

亀(カメ)の飼い方トップページ

亀(カメ、かめ)の飼い方 育て方 飼育方法 飼育法