亀(カメ)には、「水棲亀(すいせいがめ)」と「陸棲亀(りくせいがめ)」がいます。日本にいる最も一般的な亀(カメ)は、ミドリガメ(ミシシッピーアカミミガメ)クサガメなどの「水棲亀(すいせいがめ)」です。きれいな甲羅(こうら)が魅力的(みりょくてき)な陸棲亀(りくせいがめ)は、アフリカやアジア大陸、マダガスカルなどに棲息(せいそく)しています。カメの飼育をする場合、水棲、陸棲、それぞれの生態を正しく知って、飼育することが大切です。
完全水棲種(かんぜんすいせいしゅ)の亀(カメ)は、ウミガメやスッポンモドキなどの種類(しゅるい)があり、一生(いっしょう)を水のなかで過ごし(すごし)、せいかつする亀(カメ)です。
海岸(かいがん)で産卵(さんらん)するときいがいは、陸(りく)にあがることがない亀(カメ)です。
半陸棲種(はんりくせいしゅ)の亀(カメ)は、ハコガメやヌマガメなどの種類(しゅるい)の亀(カメ)で、沼地(ぬまち)や湿地帯(しっちたい)などにすんでいる亀(カメ)です。

半陸棲種(はんりくせいしゅ)の亀(カメ)

完全水棲種(かんぜんすいせいしゅ)の亀(カメ)

陸棲種(りくせいしゅ)の亀(カメ)は、リクガメなどの種類(しゅるい)があり、ケージの中に陸場を作り、その底を湿った状態に保ち、そこにカメが入れる大きさの「水盤(すいばん)」を設置して飼育します。また、シェルターと呼ばれる、隠れる場所も用意してあげましょう。
また、「ホットスポット」といわれる、レフ球などで30〜32度くらいに保つ電球や「紫外線ライト」などを設置してあげます。
さらに、温湿度計でこまめにチェックして、カメのすみやすい環境を作ってあげましょう。→→→陸棲ガメ(りくせいがめ)の詳しい説明

陸棲ガメ(りくせいがめ)

亀(カメ、かめ)

亀(カメ)の飼い方トップページ

亀(カメ)の種類

亀の飼い方・育て方/亀の飼育・飼育方法

カメの映像

サルモネラ菌
亀の種類
ミドリガメのとくちょう
ゼニガメ(クサガメ)のとくちょう
ミドリガメとゼニガメは一緒に飼育できる?
ニホンイシガメのとくちょう
日光よくをする亀(カメ)

水棲種(すいせいしゅ)の亀(カメ)

日本でよく見かけるアカミミガメ(通称ミドリガメ)やクサガメなどは、沼や川、湖など水辺にすんでいて、水場と陸を行き来しています。これらの亀(カメ)を「水棲亀(すいせいがめ)」といいます。
水棲ガメの「アカミミガメ(通称ミドリガメ)」や「クサガメ」を飼育する場合、子ガメのうちは陸場は狭くても構いません。しかし、泳ぎがうまくないので水深を浅くするのがコツです。
ケージで飼育する場合は、水場を全体の3/4、陸場を1/4くらいの割合にしてあげます。
水深が浅いため、ろ過装置(ろかそうち)を入れることが出来ないため、週に1回以上は水換えをして、清潔に保つ必要があります。ケージを置く場所は、日光浴のできるところにし、必ず日陰を作ってあげましょう。
亀(カメ、かめ)の飼い方 育て方 飼育方法 飼育法