亀(カメ、かめ)には太陽光線(紫外線・日光浴)が大切です

亀の飼い方・育て方/亀の飼育・飼育方法

亀(カメ、かめ)

亀(カメ)のつかまえ方

亀(カメ)の飼い方トップページ

亀(カメ)の選び方

飼育用具/水槽

飼育用具/シェルター・水温計

ろかそうち

エアレーション

飼育用具のセッティング

オスとメスの見分け方

餌(えさ、エサ)

産卵

育て方の注意


亀(カメ)には、こうらをかたくいじするためにカルシウムが大切ですが、そのカルシウムを利用するために日光浴(にっこうよく)が大切です。
ケースに水を入れ、直射日光が当たり過ぎないよう日陰を作ってあげて日光浴をさせましょう。
特にカメが子供のうちは、カルシウムが不足して甲羅が柔らかくなる場合があります。
栄養価の低いエサを避け、常に日光浴をさせることが大切です。
Google

カメの映像

亀と紫外線(日光浴)の関係
サルモネラ菌
亀の種類
ミドリガメのとくちょう
ゼニガメ(クサガメ)のとくちょう
カメ用のライト
ミドリガメとゼニガメは一緒に飼育できる?
ニホンイシガメのとくちょう
のんびりと日光よくをする亀(カメ)

冬眠のさせかた

カメの繁殖(はんしょく)
カメの病気(びょうき)
亀(カメ、かめ)の飼い方 育て方 飼育方法 飼育法