のんびりと日光浴する亀(カメ)の画像(がぞう)

亀の飼い方・育て方/亀の飼育・飼育方法
亀(カメ)は、体温を調節(ちょうせつ)するために、日光浴(にっこうよく)します。また、紫外線(しがいせん)にあたると、亀(カメ)のたいないでビタミンDがつくられ、たいせつなこうらや骨(ほね)を作るやくめをするカルシウムをきゅうしゅうすることができるようになります。
さらに、日光浴をすることで、ひふやこうらをかわかして、バイキンをいなくします。
しがいせんは、ガラスをとおさないものもありますので、できるだけちょくせつ日光があたるようにしましょう。
日光浴(にっこうよく)をするカメ。カメラをむけられて、少しびびってます。

カメの映像

亀(カメ)の選び方

飼育用具/水槽

亀と紫外線(日光浴)の関係
サルモネラ菌
亀の種類

オスとメスの見分け方

餌(えさ、エサ)

産卵

ミドリガメのとくちょう
ゼニガメ(クサガメ)のとくちょう

育て方の注意

カメ用のライト

飼育用具/シェルター・水温計

ろかそうち

エアレーション

飼育用具のセッティング

ミドリガメとゼニガメは一緒に飼育できる?
ニホンイシガメのとくちょう
日光よくをする亀(カメ)


冬眠のさせかた

カメの繁殖(はんしょく)
カメの病気(びょうき)

亀(カメ)の飼い方トップページ

リラックスして、しゃしんをとられるカメ。

リラックスして、しゃしんをとられるカメ。

日光浴(にっこうよく)をするカメ。カメラをむけられて、少しびびってます。

亀(カメ、かめ)

亀(カメ)のつかまえ方

亀(カメ、かめ)の飼い方 育て方 飼育方法 飼育法