亀(カメ、かめ)の産卵/カメの繁殖

亀の飼い方・育て方/亀の飼育・飼育方法
亀(カメ)は、水深を多少深めにして、砂や土を混ぜて陸地を作ってやると、そこに穴を掘って産卵、繁殖します。
産卵は5月〜8月くらいまでで、2〜3回卵を産みます。
カメのメスは、産卵(さんらん)が近づくとエサを食べなくなり、穴をほって卵を産んで、また砂をかぶせて卵をかくしますので、孵化の確立をあげるため、孵化容器(ふかようき)に移します。水中に卵を産むこともありますが、それもふかようきに移してあげます。
カメの孵化容器(ふかようき)は、8cmくらいの深さのタッパーウエアのなかに、赤玉土とヤシガラ土、ピートモスを均等にまぜ、4cm〜5cmくらいの深さになるくらいにし、そのなかに卵をいれます。
このとき、卵の上下を産んだじょうたいとおなじようにしていれます。孵化容器(ふかようき)は、水のない水槽(すいそう)にいれ、保温用の電球で28度に保ちます。ふかようきのなかの土は、乾かないよう、きりふきでスプレーします。このとき、しめりけを与えすぎるとふかしにくくなります。カメの卵は約2〜3ヶ月で孵化します。

亀(カメ)のつかまえ方

カメの映像

亀(カメ)の選び方

飼育用具/水槽

亀と紫外線(日光浴)の関係
サルモネラ菌
亀の種類

オスとメスの見分け方

餌(えさ、エサ)

産卵

ミドリガメのとくちょう
ゼニガメ(クサガメ)のとくちょう

育て方の注意

カメ用のライト

飼育用具/シェルター・水温計

ろかそうち

エアレーション

飼育用具のセッティング

ミドリガメとゼニガメは一緒に飼育できる?
ニホンイシガメのとくちょう
日光よくをする亀(カメ)


冬眠のさせかた

カメの繁殖(はんしょく)
カメの病気(びょうき)

亀(カメ、かめ)

亀(カメ)の飼い方トップページ

亀(カメ、かめ)の飼い方 育て方 飼育方法 飼育法