亀の飼い方・育て方/亀の飼育・飼育方法
亀(カメ・かめ)の餌(エサ・えさ)は、レバーや肉、マッシュルーム、ミミズ、アカムシ、イトミミズなど、何でもよく食べます。しかし、何でも食べるからといって、栄養価(えいようか)の低い食べ物を与えると、カメは、体調(たいちょう)をくずしてしまいます。
カメは、甲羅(こうら)が特徴(とくちょう)の動物ですが、そのこうらを維持(いじ)するためにカルシウムを多く必要とします。色々な種類(しゅるい)のエサを与える事が出来ない場合は、市販(しはん)の亀(カメ・かめ)のエサ(金魚やコイのエサでも代用できます。)が栄養バランスが良いようです。
メダカや金魚(キンギョ・きんぎょ)、熱帯魚などを飼育(しいく)していると、その水槽(すいそう)にタニシが増えて困ることがあります。そのタニシをカメの水槽に入れてあげると、カメのエサになるため一石二鳥(いっせきにちょう)です。タニシには殻(から)がついているため、カルシウムも摂取(せっしゅ)することができます。
また、野菜(やさい)や果物(くだもの)なども時々与えましょう。

亀(カメ、かめ)の餌(エサ、えさ)食事・食べ物

カメの映像

亀と紫外線(日光浴)の関係
サルモネラ菌
亀の種類

オスとメスの見分け方

餌(えさ、エサ)

産卵

ミドリガメのとくちょう
ゼニガメ(クサガメ)のとくちょう

育て方の注意

カメ用のライト

飼育用具のセッティング

ミドリガメとゼニガメは一緒に飼育できる?
ニホンイシガメのとくちょう
のんびりと日光よくをする亀(カメ)


冬眠のさせかた

カメの繁殖(はんしょく)
カメの病気(びょうき)

亀(カメ、かめ)

亀(カメ)の飼い方トップページ

亀(カメ)のつかまえ方

亀(カメ)の選び方

飼育用具/水槽

飼育用具/シェルター・水温計

ろかそうち

エアレーション

亀(カメ、かめ)の飼い方 育て方 飼育方法 飼育法