亀の飼い方・育て方/亀の飼育・飼育方法
亀(カメ)は、熱帯魚(ねったいぎょ)や金魚(きんぎょ)用の水槽(すいそう)や、ホームセンターなどで売っている「いしょうケース」などで飼うことが出来ます。カメは、よく運動(うんどう)をするため、水槽の大きさは、できるかぎり大きい方がカメのために良いといわれています。
すいそうの中には、石を組んで、りくちを作ったり、ペットショップで売っている「うきしま」などを入れてやり、じゃりをしいてあげます。じゃりは、お米をとぐように、きれいにあらってからいれてあげます。(じゃりは、エサののこりやふんなどがたまり、水をよごしてしまうので入れないほうがよいというせつもあります。)水深は、亀が首をのばして、水面に出るくらいにします。
水は、カメののみ水になるため、よごれてくるとのまなくなります。2〜3日に1回くらいのペースでかえてあげましょう。

亀(カメ、かめ)の飼育用具(しいくようぐ)
水槽(すいそう)など

のんびりと日光よくをする亀(カメ)
サルモネラ菌

カメの映像

亀(カメ、かめ)

亀(カメ)のつかまえ方

亀(カメ)の飼い方トップページ

亀(カメ)の選び方

飼育用具/水槽

亀と紫外線(日光浴)の関係
亀の種類

オスとメスの見分け方

餌(えさ、エサ)

産卵

ミドリガメのとくちょう
ゼニガメ(クサガメ)のとくちょう

育て方の注意

カメ用のライト

飼育用具/シェルター・水温計

ろかそうち

エアレーション

飼育用具のセッティング

ミドリガメとゼニガメは一緒に飼育できる?
ニホンイシガメのとくちょう


冬眠のさせかた

カメの繁殖(はんしょく)
カメの病気(びょうき)
亀(カメ、かめ)の飼い方 育て方 飼育方法 飼育法